ばね指治療ガイド

排卵出血は排卵時に起こる出血





排卵出血は排卵時に起こる出血です。

生理が終わって2週間くらい経った時期にごく少量の出血があります。

生理のようにすべての女性に毎月ある出血ではないので、
ビックリして病院を受診する人もいますがこれは生理的な出血ですので心配することはありません。

排卵出血の原因

排卵時に卵子が放出される際、卵巣の表面が破られます。
その際に出血が少しあるのです。
それを「排卵出血」と呼んでいるのです。

そして出血のもう一つの原因。
排卵期に必ず訪れる「ホルモンバランスの崩れ」です。

排卵が近づくと卵胞ホルモンが急増したり減少したりと数の増減が見られます。
この時に子宮内膜が剥がれて出血することがあります。
この出血も排卵出血です。

排卵出血の原因は上記の2つです。

排卵出血は病院を受診するべき?

問題のない排卵出血であれば2日か3日おりもの程度の出血が出て終わります。
ただ、ホルモンの影響がありますから出血の量や期間に個人差は出ます。

ただ明らかに大量の出血が認められた場合には病院を受診した方がいいでしょう。

排卵出血は問題ないとは言え、生理以外の出血はやはり「不正出血」なのですから。

また排卵出血に似ているけれど排卵出血ではない出血もあり、
それが病気の可能性を持っている場合もあります。

出血が止まってもそれが「改善した」とは言えないこともありますので、
この場合も受診することをおすすめします。





排卵出血の全て-原因や症状・量・色など
All Rights Reserved