ばね指治療ガイド

無排卵出血とは?





無排卵出血とは、生理が毎月あるのに排卵が起きていない状態を指します。

排卵は月経が始まってそれから約14日後に起きるとされています。

しかし無排卵出血の場合は排卵が行われていません。

排卵を確認するには?

基礎体温をつけていると、低温期から高温期に変化する時期があります。
この低温期が終わる最後の2日間が排卵日だと考えられています。

ですから生理があったとしても基礎体温表では高温期がない状態。
これが無排卵出血です。

排卵が起きない原因

排卵が起きない原因は幾つか考えられます。

「過剰なダイエット」
「蓄積されたストレス」
「疲労」
「遺伝性のもの」


排卵は通常、卵巣に視床下部(脳にある)から分泌されているホルモンが働きかけて誘発されるものです。

しかし、上記のような要因が重なるなどしてホルモンがうまく分泌されなくなると
排卵が起こらなくなってしまいます。

排卵が無いということはつまり不妊症の原因になります。

ただし、出血(生理)があって排卵が無い場合であれば病院で処方される薬
または医師の指導による生活改善で、排卵が起きるようになる可能性もあります。

ですからまずは産婦人科などクリニックを尋ねてみることです。
改善方法はあるのですから。




排卵出血の全て-原因や症状・量・色など
All Rights Reserved